サイト名

文字
拡大

  • 小さいサイズ
  • 少し大きいサイズ
  • 大きいサイズ
  • Print
  • Contact
トップ  >  投資家情報  >  ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

IR活動の目的と基本姿勢

株式会社 カイオム・バイオサイエンス(以下「当社」という)は、株主や一般投資家の皆様へ、当社の状況に関する理解を深め、適切な投資判断をして頂く事を目的にIR活動を実施しております。そのために、IR活動にあたっては、常に誠心・誠意を持った対応に心がけ、公平かつ適時、正確にお伝えすることを基本姿勢としております。 また、IR活動を株主等の皆様との間の最も効果的なコミュニケーションの手段と位置付け、お問い合わせ等に対し、常に誠心・誠意を持った対応に心がけております。
なお、一部の特定の方に対して、特定の情報をお伝えすることはいたしません。

情報開示の基準

当社では、「東証適時開示規則」等で定められる諸基準、諸法令に準拠して開示を行なっております。また、関係諸法令等で開示が定められていない情報につきましても、株主や投資家の皆様にとって、投資判断をする上で有用な情報につきましては、できるだけ自主的かつ公平に開示する方針であります。

情報開示の方法

会社法及び金融商品取引法における法律で定められた情報開示につきましては、法令に定められた方法に準拠して適正に行なっております。 また、「東証適時開示規則」に該当する情報につきましては、同規則に従い、同所の「適時開示情報伝達システム(TDnet)」へ登録するとともに、記者クラブ等を通じてプレスリリース等にて公表しております。
なお、当社では、ホームページを利用して広域的かつ積極的に情報開示の充実に努めております。

業績予想について

当社が開示する情報のなかには、「業績予想」等の将来の見通しについての記述が含まれていることがあります。 このような記述は、入手可能な情報に基づいて判断したものであり、将来に関する事項には、不確実性等を内在しているため、将来生じる実際の結果と異なる可能性がありますのでご留意下さい。 なお、第三者による当社の業績予想につきましては、いかなるものも支持することはいたしません。

未公開の重要事実について

当社が開催するアナリスト向け決算説明会、また、電話による問い合わせ、取材等で公開する情報は、既に公開されたものに限らせて頂いて、定められた手続きを経ないまま未公開の重要事実については、言及することを一切いたしません。

沈黙期間について

当社は、決算発表資料を準備している期間に株価に影響を与える情報が漏洩してしまう事を防ぐために、各四半期の決算期日の翌日から決算発表日までを「沈黙期間」と定め、IR活動を自粛しております。この期間中、当社は、業績の見込み・実績・計画等について、特定の投資家等若しくは媒体に対するコメントをすることを控えさせて頂きます。 なお、この期間中に既に発表した業績予想を大きく乖離する見込みが出てきた場合には、適宜、適切な情報開示を行なうこととしております。

ページのトップへ戻る