株式会社カイオム・バイオサイエンスは、「100%の治療効果を追求するヘルスケア・イノベーター」として、究極のオーダーメイド医療の実現を目指します。

サイト名

文字
拡大

  • 小さいサイズ
  • 少し大きいサイズ
  • 大きいサイズ
  • Print
  • Contact
トップ  >  サービス情報  >  About us

About us

よくわかる「カイオム・バイオサイエンス」

  • カイオムが目指すものは?
  • 抗体医薬品・創薬への貢献
  • 「ADLib®システム」の強み
  • ビジネスモデル
  • 数字でわかるカイオムの可能性

身体が持つ免疫システムを利用し特定細胞だけを攻撃する「抗体医薬品」。年間約10%の成長が見込まれています。

抗体医薬品は、従来の低分子医薬とは異なり、身体が持つ免疫システムを利用し、がん細胞など特定の細胞を狙い打ちする画期的な医薬品です。副作用の少なさや、これまで治療法が無かった病気への効果などが熱い注目を浴びており、今後の医療を変革する新しい医薬品として大きな期待が寄せられています。

※抗体医薬品とは
ヒトには、細菌やウイルスなどのタンパク質を異物(抗原)として認識し、異物を抗体たんぱく質が攻撃する仕組み(抗原抗体反応)で身体を守る防御システムが備わっています。ヒトが本来持っているこの反応を医薬品に生かしたものが抗体医薬です。正常な細胞まで破壊する従来の抗がん剤等とは違い、副作用の少ない効果的な治療薬として注目されております。なお、抗体医薬品の誕生は、破傷風菌に感染したウサギから取り出した血清を動物に注射したのがのが始まりとされております。

抗体医薬品の市場性

副作用の少なさで、期待が集まる抗体医薬品

予防(ワクチン)から治療薬へ。生体が本来持っている防御システム・抗体を様々な病気の治療に活かす抗体医薬品に注目が集まり、大きな可能性が広がっています。抗体医薬品の特長は、大きく次の3つがあります。

  1. 病原体などのターゲットに直接届く
  2. 副作用が少ない
  3. 効果を発揮する時間が長い

年間約10%の成長が見込まれる抗体医薬品

抗体医薬品の開発・実用化は2000年に入って本格化し、欧米で上市されている治療用抗体が47種類(平成26年11月現在)あり、年平均4品目が上市されています。また、抗体医薬品は、2014年の世界の医薬品売上高ランキングトップ10の半数以上を占めており、市場規模も世界で400億米ドル超と急速なスピードで伸張しています。抗体医薬品市場は、今後も安定的に成長すると推測されています。

異物から身体を守る抗体の仕組みを活かし、がんやほか様々な病気治療に

ターゲットの特異性が高く、これまで治療法がなかった疾患・病態で高い効果が期待されており、「感染症」や「中枢神経疾患」「アレルギー疾患」等への広がりも期待されています。

抗体医薬品が使われている主な病気
分類 病名
アレルギー免疫 関節リウマチ・クローン病・キャッスルマン病・喘息・腎臓移植後の急性拒絶反応
がん 大腸がん・乳がん・急性骨髄性白血病
感染症その他 新生児・幼児の感染発生抑制、加齢黄斑変性症
ページのトップへ戻る