株式会社カイオム・バイオサイエンスは、「100%の治療効果を追求するヘルスケア・イノベーター」として、究極のオーダーメイド医療の実現を目指します。

サイト名

文字
拡大

  • 小さいサイズ
  • 少し大きいサイズ
  • 大きいサイズ
  • Print
  • Contact
トップ  >  サービス情報  >  パイプライン

パイプライン

ビジョン実現に向けた重要課題

医療の未充足な疾患領域での新規ターゲットに対する抗体作製プロジェクトに加え、すでに臨床上、治療薬の開発につながることが確認されているターゲットに対する抗体作製プロジェクトを進め、開発パイプラインを拡充していきます。

パイプラインの開発状況

プロジェクト詳細

LIV-1205

抗体名抗DLK-1モノクローナル抗体
ターゲットDLK-1
抗体の説明細胞膜タンパク質であるDLK-1をターゲットとしたヒト化モノクローナル抗体。
DLK-1は、正常な組織ではほとんど発現が見られず、
がん細胞の細胞表面で発現が増強する。
適応領域 多くの固形がんを標的としたファースト・イン・クラスの治療用抗体。
抗体の効果 Naked抗体動物モデルでの単独投与試験で顕著な腫瘍増殖阻害効果を示す。
ADC抗体標的抗原に結合した後、がん細胞内に取り込まれる
インターナリゼーション活性を有しているため、
ADC抗体としての開発も期待される。

LIV-2008/LIV-2008b

抗体名抗TROP-2モノクローナル抗体
ターゲットTROP-2
抗体の説明細胞膜タンパク質であるTROP2をターゲットとしたヒト化モノクローナル抗体。
TROP-2は、 様々な固形がんで発現が増強されており、
がん治療のターゲットとして注目されている分子である。
適応領域多くの固形がんを標的としたベスト・イン・クラスの治療用抗体。
抗体の効果Naked抗体 Naked抗体(LIV-2008)は、動物モデルでの単独投与試験で
複数の癌種において顕著な腫瘍増殖阻害効果を示す。
ADC抗体ADC抗体(LIV-2008b)は、標的抗原に結合した後、
がん細胞内に取り込まれるインターナリゼーション活性を
有しているため、ADC抗体としての開発も期待される。

BMAA

抗体名抗セマフォリン3A抗体
ターゲットセマフォリン3A(Semaphorin 3A, SEMA3A)
抗体の説明神経軸索ガイダンス因子の1つであり、
神経軸索の伸長を抑制するセマフォリン3Aをターゲットとしたヒト化モノクローナル抗体。
セマフォリン3Aを阻害することにより、神経再生が起こること、
また免疫系、がん等、幅広い疾患領域での適応が期待される。
ページのトップへ戻る